調査隊が解説する 痩せる為のダイエット運動
 
ダイエット調査隊 トップページへ
解説レポートその1 ダイエットを始めよう
解説その2 ダイエット運動体験記
解説レポート3 噂の運動ダイエット
解説レポート4 器具を使ったダイエット


簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆

ダイエット調査隊プロフィール   
レポートNO,
4−2
担当:チヒロ
       ■筋力ダイエット

リバウンドのメカニズム 究極の肥満 トレーナー選び
ジムに行こう!


食事制限を行うときには、『筋力トレーニング』も必要であるということはダンベルダイエットのところでもご説明しましたが、リバウンドと深く関連しているので改めて解説しておきます。

食事制限を行うと体内のエネルギーの枯渇を脳がキャッチして『飢餓状態』となります。身体は飢餓に対して防衛本能が機能し、エネルギーをできるだけ消費しないよう、『省エネな身体』へと体質を変えます。

人間にとって省エネな身体とは、筋肉量が少なく、それに比例して基礎代謝も少ない身体のことです。こうなるとダイエットで本来落としたいはずの体脂肪よりも、身体にとって大切な筋肉が優先して落ちてしいってまうことになります。

一定期間の食事制限を行えば体重は落ちが、そのほとんどは筋肉という結果になってしまいます。体重が落ちたからといって食事の量を増やせば、筋肉減少に伴い代謝も下がっているので、すぐに元の体重に(それ以上に)戻ってしまいます。

これが『リバウンドのメカニズム』です。


ポイントリバウンドのメカニズム
食事制限だけをすると、『飢餓状態』になります。
筋肉が先に落ちて、太りやすい身体になります。



冷やし系のダイエット