調査隊が解説する 痩せる為のダイエット運動
 
ダイエット調査隊 トップページへ
解説レポートその1 ダイエットを始めよう
解説その2 ダイエット運動体験記
解説レポート3 噂の運動ダイエット
解説レポート4 器具を使ったダイエット


簡単一日一項目!真の美人になるための70の秘訣が一冊に。ダイエット生活の鉄則本です。

詳しくはアマゾン セブンアンドワイ ビーケーワン 『ゆるり』サイト をチェック☆

ダイエット調査隊プロフィール   
レポートNO,
4−1
担当:チヒロ
       ■ダンベルダイエット
ダンベルダイエットとは 体重が減らない!? 途中でやめないで
アイス・ダンベルダイエット 冷やし系のダイエット


皆さんこんにちはー!(こんにちはー!) チヒロです!
私は一応インストラクターなので、皆さんに器具を使った運動、ダンベルダイエットをご紹介しますね!

1992年、NHKのTV番組で紹介されて大きな反響をあげたのが、筑波大学の鈴木正成教授が提唱する『ダンベルダイエット』です。

当時、ダンベル理論はそれまでの定説を変え、健康産業界を大きく揺らしました。私の周りでも相当話題になりましたね。(もう13年も経つんですね…!)

従来脂肪燃焼といえば、ランニングやエアロビクスダンスなど有酸素運動を長時間おこなうことが、ダイエット運動の定番でした。それに対して『一日たった10分のダンベル体操をおこなえば痩せる』という、当時はとてもインパクトが強い衝撃的な理論だったんです。

この影響で、フィットネス業界でもエアロビクス系をメインとしたダイエットアプローチから、ウエイトトレーニングによるダイエットアプローチへ大きく移行していきました。筋肉の必要性と基礎代謝に主眼をおいたダンベルダイエット理論は、日本のフィットネス業界をはじめ、広く健康産業に至るまで、ダイエットの流れを大きく変えた理論といえますね。

 

ポイントダンベルダイエットとは

すっかりおなじみとなったダンベルダイエット。
短時間の筋トレで脂肪を燃焼させる運動。 日本のフィットネス業界、ダイエットに大きな影響を与えました。



足指運動と効果